真っ白な家

新築を建てよう


注文住宅とは、依頼者の注文通りに建てることができる家のことです。
新築の一戸建てに住む場合、その方法はおもに2通りあります。
1つは、工務店やハウスメーカーに依頼をして、自分の希望の間取りや外観にすることができる注文住宅、そしてもうひとつは、すでに土地と家が一緒になって完成した新築の状態で販売されている、一戸建ての建て売り住宅を買う方法です。

新築の注文住宅と、新築の建て売り住宅には、たくさんの違いがありますが、まず注文住宅の最大のメリットは、自分の理想の家を建てることができるということです。
建て売り住宅の場合には、すでにできあがっているものなので、間取りや部屋数などに不満が生じる場合がありますが、注文ならば、部屋数も部屋の大きさもすべてを自分の好きなように建てることができます。

一戸建ての注文住宅を建てるためには、まずは土地を確保する必要があります。
親から譲り受けるなど、すでに土地がある場合以外は、まずは不動産会社などを経由して土地を購入します。
そして、土地が準備できたら、その土地にあわせて間取りをつくっていきます。
自分の好きな間取りにすることができますが、最終的には一級建築士に図面を作成してもらう必要があります。
一戸建ての注文住宅の場合は、外壁の色や家の床の色はもちろんのこと、トイレの壁やドアの取っ手といった細かいところまで、すべてオーダーメイドやカタログから選んで注文するために、建て売りよりも長い期間が必要となります。

カレンダー

March 2015
M T W T F S S
« Jun    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ

カテゴリー